スポンサードリンク

コラーゲンの効能

コラーゲンは、肌にハリをもたらしている成分としてよく知られています。そのほかにもコラーゲンの働きは全身に及んでいます。それは、コラーゲンが、主に身体の形を作るタンパク質であり、皮膚だけでなく、骨、軟骨、腱、歯、あるいは臓器の結合組織などを構成する主要な成分として、あらゆるところに分布していることによります。



コラーゲンは、基本的には繊維状ですが機能が異なることで30種類もの存在が知られています。そして、T型、U型などローマ数字で表記されています。その量は、身体を作るタンパク質全体の20〜30%を占めるといわれています。



コラーゲンも他の組織と同様に新陳代謝を繰り返しています。しかし、年齢が上がると新陳代謝のスピードが落ちるので、新しく作られるコラーゲンの量は年を取るごとに減少し古いコラーゲンが増えてコラーゲンの老化が起こります。



コラーゲンは老化すると弾力を失い、肌ではハリを失うことになります。コラーゲンを摂取することでコラーゲンの生成を促す作用を期待できることで、コラーゲンの新陳代謝を活発にし肌ではハリを保つことが出来ると考えられています。



また、骨はおよそ半分はカルシウムなどですが、残りは、コラーゲンが40%、水分が8%、残り2%はその他の成分です。そして、コラーゲンが老化すると弾力性が失われるため折れやすくなります。



さらに、頭皮の真皮の70%はコラーゲンでできています。頭皮の真皮は、毛髪の根元に栄養を供給する大切な部位です。真皮のコラーゲンが老化すると弾力性が失われ毛髪に栄養が届かなくなり、抜け毛の原因となります。



目では、視力を調整する大切な硝子体に主にU型コラーゲンが豊富に含まれています。さらに角膜や目を支える筋肉にもコラーゲンが存在しています。



全身の筋肉での細胞をまとめあげ、束にする役割を果たしているのもコラーゲンです。筋肉の形状維持はコラーゲンのおかげです。コラーゲンの老化を防ぐことで筋肉の老化も防ぐことができます。



歯もまた骨と同様にカルシウムとコラーゲンでできています。ですから、歯を支える歯根なども含めて、歯の健康を維持する役割も果たしています。



内臓でも、例えば、胃や腸などの消化器官は、粘膜や筋肉で構成され、筋膜で覆われています。肌と同様にここでもコラーゲンは組織を構成するのに役立つことで健康全般に関わっているといえます。



したがって、コラーゲンの老化は全身に影響を及ぼします。コラーゲンを積極的に摂取することでコラーゲンの新陳代謝を促すことが美容と健康、アンチエイジングにつながると言えます。



それには、1日5gのコラーゲンを摂取するのが理想的とされています。コラーゲンの過剰摂取は、害はないようですが、5gを超えた分は効果もないようです。

コラーゲン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。