スポンサードリンク

U型コラーゲン

U型コラーゲンは、グルコサミンや、コンドロイチンで構成されているプロテオグリカンや水分とともに関節内軟骨の構成成分として主要なコラーゲンで、眼球の硝子体液の成分でもあります。



ヒトのコラーゲンタンパク質は30種類以上あるとされています。それぞれのコラーゲンは、I型、U型のようにローマ数字を使って区別されています。



皮膚にはT型とV型のコラーゲンが多く存在しています。「T型」は太い繊維で出来ていて構造を支える柱の役目と言われ体内で最も豊富に存在しているコラーゲンです。「V型」は細い繊維からなり、しなやかさや柔軟性のための働きがあるとされています。



U型コラーゲンは、関節軟骨の主成分の線維性コラーゲンです。年齢による関節の痛みや関節リウマチは、このU型コラーゲンや、プロテオグリカンなどの減少が原因のひとつとされています。



ハーバード大学のトレンザム博士とムーア博士の研究によると高熱処理や加水分解を経ないで生成された非変性の活性U型コラーゲンは、体内にあるコラーゲンと同じ性質を持つことで、これを摂取すると関節に対し、タンパク質を分解する酵素の働きを抑制する作用が働き、軟骨の破壊を抑えるだけでなく、軟骨を再生する効果があり、関節の痛みや関節リウマチに大きな効果が得られるとされています。



活性U型コラーゲンによる、この健全な関節形成を促進する作用は、一時的な回復を得るのではなく、継続的、または根本的に関節痛の痛みや腫れを抑える効果が得られると報告されています。



したがって、活性U型コラーゲンとともに、グルコサミン、コンドロイチンを経口摂取することで、軟骨の再生を良好に促し、結果関節の痛みを軽減させ、正常な関節を取り戻すことを期待できるとされています。

活性U型コラーゲン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。