スポンサードリンク

プロリン

プロリン(proline)は、体内で合成することのできる非必須のアミノ酸です。コラーゲンの主要構成成分の1つで、プロリンがヒドロキシ化(水酸化)された特殊なものが、ヒドロキシプロリンといい、コラーゲンの中では約半分がヒドロキシプロリンに変化します。プロリンとヒドロキシプロリンとで、コラーゲンの15〜30%を占めています。



プロリンは、一度破壊されたコラーゲンを修復する力をもつアミノ酸として知られていて、表皮細胞増殖促進活性、コラーゲン合成促進活性、角質層保湿作用、NMF(天然保湿因子)の合成などに大きく関与しているとされています。そして、体の結合組織や、心筋の合成時の主な材料でもあります。



ヒドロキシプロリンは、保湿効果が高いため、化粧品原料として利用されています。また、ヒドロキシプロリンは、表皮角質細胞の増殖を活性化し、表皮中のセラミドや水分量を増加させ、表皮のバリア機能を高めます。さらに、真皮中の繊維芽細胞におけるコラーゲンの産生能を高め、シワを改善するとともに、肌の弾力を向上させることが知られています。



アセチルヒドロキシプロリンは、ヒドロキシプロリンをアセチル化したもので、アセチル化することで親水性と疎水性の両方の性質を兼ね備え、肌に使用すると、肌への親和性が向上し、保水力が飛躍的にパワーアップするだけでなく、細胞の増殖に関わる遺伝子や腫瘍抑制遺伝子などを増加させることで、皮膚の老化防止に有用とされています。



ヒドロキシプロリンを経口摂取しても皮膚のコラーゲンを作る線維芽細胞に取り込まれることがないためコラーゲンを作る材料となることが出来ないとされています。したがって、アセチルヒドロキシプロリンとして、肌に直接使用することは効率が良いといえそうです。



しかし、コラーゲンの効果で述べているようにヒドロキシプロリンを含むコラーゲンペプチドなどを経口摂取すると、これらが繊維芽細胞などを活性化することでコラーゲンの生成が促される可能性があるとされています。



ヨーロッパでは、ヒドロキシプロリンが、関節炎に対する経口治療薬として認められ、外用では潰瘍部の肉芽形成や上皮化を促進したという報告もあるようです。

アセチルヒドロキシプロリン配合 最新一覧 By 楽天



プロリン / L-リジン / グリシン / グルコサミン / セラミドとナイアシン / セラミド / エラスチン / MSM / コンドロイチン硫酸 / デルマタン硫酸 / ヒアルロン酸 / コラーゲンとヒアルロン酸
タグ:プロリン
| プロリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。