スポンサードリンク

グリシン

コラーゲンは、タンパク質ですからアミノ酸の集合体です。タンパク質を構成するアミノ酸は体内で合成できない9種類の必須アミノ酸と合成できない11種類の非必須アミノ酸があります。



グリシンは、コラーゲンを構成するアミノ酸のひとつです。グリシン (glycine) とは、体内で合成できる非必須アミノ酸のことで、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最小で最も単純な形を持つとされています。



コラーゲンを構成するアミノ酸でグリシンはそのほぼ3分の1を占めています。他のタンパク質ではグリシンはわずかしか含まれていません。このことからコラーゲンの中心的成分がグリシンといえます。



グリシンは、神経伝達物質のひとつとしても知られています。そして、細菌の増殖を抑制することができるアミノ酸としても知られています。ホタテ、えびなどに多く含まれています。



グリシンは味の素株式会社の研究によると、グリシンを経口摂取することで皮膚バリア機能や、スキンケア効果等の肌質の改善効果や肌の水分の維持効果などについて期待できるとの報告がなされています。このことから、グリシンの摂取は、コラーゲンの機能の増強に効果があると思われます。



さらに、同社の研究では、加齢や生活習慣、ストレスなどで調節機能がうまく働かなくなり睡眠に問題が生じている場合に、夜、寝る前にグリシン3gを摂取すると睡眠の質が向上することで、翌朝の疲労度を改善し、爽快感のある寝覚めを期待できるとされています。



グリシンは、脳の松果体に効率よく蓄積されることで松果体の関与している生体リズムの調節をサポートし、睡眠リズムの生活リズムへの同調などの睡眠の神経性調節に寄与することで睡眠の質の向上をもたらすのではないかとされています。

グリシン 配合サプリ 最新一覧 By 楽天



プロリン / L-リジン / グリシン / グルコサミン / セラミドとナイアシン / セラミド / エラスチン / MSM / コンドロイチン硫酸 / デルマタン硫酸 / ヒアルロン酸 / コラーゲンとヒアルロン酸
タグ:グリシン
| グリシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。