スポンサードリンク

フィッシュコラーゲンとキチン

フィッシュコラーゲンは、マリンコラーゲンとも海洋性コラーゲンともいわれていますが、必ずしも海水魚とは限らず、淡水魚の鯉などもその原料になっています。そして、原料によって含有成分が若干異なるようです。実際に購入される場合は成分を確認のうえ購入されることをおススメします。


従来のフィッシュコラーゲンは、魚の皮や骨を使用していました。それらと、鯛などのうろこを使用したスカールコラーゲンと呼ばれるフィッシュコラーゲンや鯉のうろこを使用したフィッシュコラーゲンなどとの大きな違いは、スカールコラーゲンなどのうろこを使用したほうにはキチン質が含まれていることです。


わたしたちは、キチンを消化吸収することができないので、キチンは食物繊維として体内ではたらきますが、植物がこのキチンを溶かす「キチナーゼ酵素」をもっています。植物は、キチナーゼの分泌によって、キチンを含む病害虫を溶かすことで、外敵から身を守ることができるのです。さらに、植物は溶かしたキチンを取り込むことによって細胞を活性化することで、抵抗力がついて丈夫に育ちます。そして、私たちはそれらを食べることでキチン質を摂取し、そうすることで、知らず知らずのうちに健康維持に役立てていたといわれています。


ところが、農薬の使用が進んだことで、農作物等は昆虫などの害虫に触れることなく収穫されるケースが極端に増えました。近年農作物の味や栄養価か落ちているのは、キチンを吸収するチャンスのない野菜や果物が、細胞の活性化を妨げられているからだといわれています。


こうして体の抵抗力や免疫力を高めるキチン質の吸収量が低下したことが、アレルギー疾病や生活習慣病、さらにはうつ病などの増加の一因ではないかと考えられてもいるようです。ですから、重要なキチン質をサプリメント(栄養補助食品)の形で取り入れることに注目が集まっているのであり、フィッシュコラーゲンやスカールコラーゲンなどの魚のうろこから採取されたコラーゲンはこのキチン質を含んでいることで、コラーゲンだけでは得られない効能・効果を得ることができるんです。


フィッシュコラーゲン 最新一覧 By 楽天




| キチン質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。