スポンサードリンク

T型コラーゲン

T型コラーゲンは、皮膚の真皮に非常に多く、皮膚の強さを生み出す働きがあります。そして、もっとも多く含んでいるのは骨で、骨に弾力性を持たせる重要な働きをしています。T型コラーゲンは、体内に最も大量に存在するコラーゲンです。



コラーゲンは、体内のたんぱく質の約1/3を占めていて、その構造の違いにより19種類以上のタイプ(型)があるといわれています。これらのタイプの異なるコラーゲンは、「I 型」「II 型」などのように、 ローマ数字を使って区別されていて、機能もそれぞれ異なります。



T型コラーゲンは、体内で最も多く存在するコラーゲンで、皮膚や骨などに多く含まれていることから、美容機能をもつコラーゲンといえばT型コラーゲンのことを指すといえます。



美容に大きく関与しているT型コラーゲンは、プロテオグリカンや、ヒアルロン酸、エラスチンなどとともに、細胞外マトリックスを構成しています。皮膚を構成している細胞外マトリックスは、T型コラーゲンを柱とした隔室のなかの細胞の周りをプロテオグリカン、ヒアルロン酸、エラスチンなどで覆うことで、細胞を守り、保持しています。



そして、これら細胞外マトリックスを構成しているT型コラーゲンをはじめとする成分は、年齢とともに体内量が減少してしまいます。したがって、アンチエイジングのためには、これら成分を意識して補充することが必要といえます。

コラーゲン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。