スポンサードリンク

プロテオグリカン

プロテオグリカン(Proteoglycan)は、コラーゲン(Collagen)とともに、細胞外マトリックスの主要成分であり、ヒアルロン酸の1.3倍の蓄水力があります。細胞外マトリックス(Extracellular Matrix)とは、細胞間マトリックスともいい、細胞を保持する役割を持ちます。



私たち人間の体は60兆個の細胞で構成されていますが、これらの細胞は直接、接続しているのではなく、細胞外マトリックスといわれる柱がコラーゲンで細胞の周りをプロテオグリカンなどで充填された細胞の個室によって、守られ、保持されています。



そして、細胞外マトリックスは、細胞の増殖・分化の制御にも直接かかわっているとされ、プロテオグリカンは、皮膚や各臓器の水分保持量の調整、細胞の分化・増殖・接着の促進、軟骨組織への栄養補給、グルコースや脂肪分の腸管吸収の抑制、胃瘍性大腸炎の治癒、がん細胞の増殖抑制、アレルギーの発症の抑制等などの作用が期待されています。



保湿力があることで知られるヒアルロン酸は、ムコ多糖の一つで硫酸基を持たずに、他のムコ多糖と結合して存在することが多く、ヒアルロン酸以外のムコ多糖はタンパクと結合しプロテオグリカンとして存在し硫酸基を持ちます。



プロテオグリカンは、したがって、コラーゲンを語る上ではとても重要な成分にもかかわらず、今までは、その試料の高価なことから一般には知られることが無かったものです。

プロテオグリカン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。